ベーグルを冷凍で保存したときの解凍方法をご紹介

おいしいベーグルの完成 暮らし

ベーグルはバターや牛乳、卵を使用していないパンです。

食べごたえのあるかたさとモチモチ感が特徴的で、多くの人に親しまれています。

ベーグルは原材料が小麦と水だけでかたさがあり、噛む回数が多いことから、満腹感が得られるといわれているんですよ。

また、血糖値の上昇が緩やかなパンのため、低血糖に悩む人やダイエットをしている人によく選ばれています。

とはいえ、ベーグルが販売されているお店は限られているのが現実です。
食べたいと思ってもなかなか買えないことも……。

管理人
管理人

私はベーグルを見つけるとたくさん買って、冷凍保存するようにしています!

ベーグルを冷凍で保存した場合、おいしく食べる解凍方法があるんですよ。

今回は、おいしくベーグルを食べるための解凍方法をご紹介します。

ベーグルは冷凍保存がおすすめ

コストコ ベーグルパン
ベーグルを買ってすぐに食べるのではなく、長期保存をしたい場合は冷凍が最適です。

ベーグルを冷凍で保存できる期間は2〜3週間ほど。それ以上になると味が落ちる可能性があります。

常温の場合は2,3日の賞味期限なので、冷凍保存がいかに長く保存できるかわかるでしょう。

ベーグルを冷凍するときは、個別に分けて保存しましょう。おすすめはジッパー付きのビニールです。

冷凍ベーグルの解凍方法をご紹介

冷凍後のベーグルパンせっかくなら、解凍したベーグルもおいしく食べたいもの。
ここでは、おいしく解凍する方法をご紹介します。

冷凍庫から出して、水をかける。
ベーグルに水をかける

水道から出た水をバシャッとかけてOK!

ラップで包み、レンジ(500W)で1分間温める。
ラップで包んだベーグル

ラップを外し、包丁で半分に切る。
半分に切ったベーグル

オーブントースターで1〜2分温める。
ベーグルをオーブントースターで焼く

切った面を上に向けて温めよう

切った面にクリームチーズなどを乗せ、2つを合わせて完成。
クリームチーズとベーグルベーグルにクリームチーズを塗るおいしいベーグルの完成



ベーグルを上手に解凍しておいしく食べよう!

パンは賞味期限が短いものが多く、ベーグルも例外ではありません。
ベーグルを長期保存するためには冷凍で保存する必要があります。

せっかくのベーグルをおいしく味わうために、ぜひ正しい解凍方法を行ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました