衣類のシミ抜き!お気に入りの洋服を守ろう

シャツ染み 暮らし

お気に入りの洋服にシミがついてしまったらショックですよね。

クリーニングでシミ抜きをしてもらう方法もありますが、日常の洋服は家でシミ抜きしたいもの。

今回はシミの種類やシミ抜きの方法、おすすめのシミ抜きアイテムをご紹介します。

シミ抜きのポイント

洗濯

できるだけ早くシミを落とす

シミは時間が経つほど落ちにくくなるので、できるだけ早く落とすようにしましょう。
外出先でシミを見つけた場合はティッシュやハンカチなどで押さえ、シミが広がらないように移しとり、帰宅後すぐに落とすようにしてください。

シミの種類に合わえた落とし方をする

シミは大きく分けると「水溶性」「油溶性」「不溶性」の3つに分かれ、種類によって落とし方が異なります。
シミの種類に合った落とし方をしないと、シミが落ちないどころかひどくなることも。

すぐに落とせない場合も、何で汚れたかを覚えておくようにしましょう。

無理に力を加えない

シミが落ちにくいと、つい強い力でこすってしまいがちです。
しかし、無理に力を加えると洋服の繊維を傷つけてしまいます。
また、変色や色落ちの恐れもあるので注意しましょう。

シミの種類と落とし方

シャツ

水溶性の種類とシミ抜き方法

水溶性のシミは、以下の通りです。

・コーヒー
・ジュース
・酒類
・醤油
・ソース
・ケチャップなど

水溶性のシミのなかには、通常の洗濯で落ちるものもあります。
また、食べ物汚れは食器洗い用洗剤でも落とせますよ。

水溶性のシミを落とすためには、以下のものを用意しましょう。

・歯ブラシや綿棒
・タオル(汚れてもいいもの)
・食器洗い洗剤(中性洗剤)
【落とし方】
1. シミの部分をぬるま湯で洗い流し、食器洗い洗剤をかける。
2. 歯ブラシや綿棒で、シミ部分に洗剤をやさしく揉み込む。
3. シミが落ちたら、通常の洗濯機で洗う。
デリケートな素材は、衣類の下にタオルを入れましょう。衣類をこすらないように注意!

油溶性の種類とシミ抜き方法

油溶性のシミは、以下の通りです。

・油
・チョコレート
・ミートソース
・バター
・油性ボールペン
・口紅など

油溶性か水溶性かわからない場合は、シミに1滴の水をたらしてみましょう。水が染み込めば水溶性であり、はじくと油溶性です。

油は熱に溶けやすい特徴があるので、シミ抜きをするときは40〜60度のお湯を使うのがおすすめ。

油溶性のシミを落とすためには、以下のものを用意しましょう。

・歯ブラシや綿棒
・タオル(汚れてもいいもの)
・クレンジングオイル
・食器洗い洗剤(中性洗剤)
【落とし方】
1. シミを落としたい衣類をタオルの上に置き、シミの部分に直接クレンジングオイルをつける。
2. 歯ブラシや綿棒でシミの上をトントンと叩く。
3. 5分くらい放置する。
4. 食器洗い洗剤をシミの部分につけ、お湯でやさしくもみ洗いをし、通常の洗濯機で洗う。
クレンジングをつける前に、シミに水をつけないようにしましょう。水につけると効果が半減してしまう可能性があります。

不溶性の種類とシミ抜き方法

不溶性のシミは、以下の通りです。

・泥
・サビ
・墨汁
・香水
・ゲルインクのボールペン
・ガムなど

不溶性のシミは水にも油にも溶けないシミです。

不溶性のシミを落とすためには、以下のものを用意しましょう。

・固形石鹸
・食器洗い洗剤(中性洗剤)
【落とし方】
1. 食器洗い洗剤をシミに直接かけ、上から固形石鹸でこする。
2. シミが浮き出てきたら、すぐに洗い流す。
3. 1〜2の工程を繰り返し、シミが薄くなってきたら通常の洗濯機で洗う。

いざというときにおすすめ!シミ抜き商品

石鹸
ここでは、シミ抜き商品として常備しておきたいものをご紹介します。

持ち運びして、いつでも使える!

酵素系漂白剤!直接吹き付けてそのまま洗濯できる。

タンパク系汚れには酸素系漂白剤!

まとめ

衣服が汚れてしまうと、つい焦ってゴシゴシ拭いたり、水をつけたりしてしまいますよね。
しかし、衣類を守るためにも冷静に対処することが大切です。

シミに合わせて洗ってもシミが落ちない場合は、クリーニング業者に相談しましょう。

シミ抜きは時間勝負!
できるだけ早く、シミに合った方法で洗うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました