おしゃれなインテリアには欠かせない!観葉植物をご紹介

窓辺にグリーン 暮らし

おしゃれなインテリアには、欠かせないものがいくつかあります。

インテリア初心者から上級者まで簡単に取り入れられるもの、それは観葉植物です。

40代女性
40代女性

観葉植物っていろいろな種類がありますよね?
どう選べばいいのかわかりません。

管理人
管理人

今回は観葉植物を選ぶポイントや、おすすめの観葉植物を紹介します♩

観葉植物を選ぶポイントは?

観葉植物のある部屋
観葉植物を選び方にはポイントがあります。
適当に選ぶと枯れてしまうこともあるので注意が必要。

ここでは、観葉植物を選ぶポイントを4つご紹介します。

育てやすさ

観葉植物を育てた経験がない人は、育てやすい植物を選ぶといいでしょう。

できるだけ枯れにくい植物がいいですね。
手入れが複雑なものは避け、なるべく簡単に育つものを選ぶと安心です。

日当たり

植物によって、日当たりのよい場所を好むものと日陰を好むものがあります。
選ぶ際は、観葉植物を置く部屋の日当たりに合う植物を選ぶようにしましょう。

夏の直射日光が苦手は植物の場合は、位置の移動が必要なことも。
移動できる場所やサイズを確認しておくと安心です。

ライフスタイル

ライフスタイルによっても観葉植物の選び方は変わってきます。

生活が忙しくてあまり植物の世話ができない場合は、水やりの少ないものがいいでしょう。

逆に、じっくりと世話をする時間があるならば、手間がかかるものを選んでも大丈夫。
関わる分だけ愛着が湧くかもしれません。

大きさ

観葉植物にはさまざまな大きさのものがあります。
部屋の大きさや置く場所に合うサイズのものを選びましょう。

店内で見たときは小さく感じたのに、家で飾ると大きすぎた……ということも。
棚の上に置くのか床の上に置くのかによっても、サイズが変わってくるでしょう。

おしゃれな観葉植物をご紹介

ここでは、実際に人気のある観葉植物の特徴をご紹介します。

モンステラ

モンステラ
モンステラは切れ目のある大きな葉っぱが特徴的な観葉植物。
ハワイのイメージが強いので、ハワイらしい明るいインテリアに映えます。

日光を好みますが、直接に当てるのではなくカーテン越しに置きましょう。耐陰性もあります。
土が乾いたら水をたっぷりあげてください。

ポトス

ポトス
ポトスは水耕栽培できる植物です。
どんどん生えてくるので、植物を育てるのが苦手な人にも育てやすいでしょう。

ツル性の植物なので、上から吊るして飾るとおしゃれさアップ!

直接日光は避けて明るい場所に飾りましょう。耐陰性もあるので、ある程度の日陰でも適当します。
土が乾いたら水をたっぷりあげてください。

ワイヤープランツ

ワイヤープランツ
茎の部分が針金に見えるワイヤープランツ。
細かい葉っぱが愛らしく、棚に飾るとおしゃれで人気があります。

半日陰の風通しのいいところで育てましょう。
土の乾燥には注意!たっぷりと水をあげることが大切です。

ガジュマル

ガジュマル
ガジュマルはとにかく生命力の強い観葉植物!
太い幹が特徴的です。

日当たりのいい場所を好みますが、春から夏の直射日光は避けましょう。
土が乾いたら水をたっぷりとあげてください。

パキラ

パキラ
パキラは環境に適応しやすい植物です。
日当たりと風通しのいいところで育てましょう。
土が乾いたら水をたっぷりとあげてください。

サンスベリア

サンスベリア
真上にまっすぐ伸びている葉っぱが特徴的なサンスベリア。
魔除けの植物ともいわれており、玄関や窓辺に飾るのがいいのだとか。

日光を好みますが耐陰性もあり、光があれば適応してくれるのがうれしいところ。
乾燥にも強いので、頻繁に水をあげるのが億劫な人にもおすすめです。

夏の土が乾きやすい時期は、土が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。

ウンベラータ

ウンベラータ
近年、SNSで人気を博しているウンベラータ。
インテリア好きな人に注目されている観葉植物です。

葉っぱの形がハートなのが愛らしく、大きめなので存在感も抜群。
一つでインテリアの主役になるのが魅力です。

寒さに弱いので、冬は暖かいところで育てましょう。

観葉植物が枯れないか心配な人には、フェイクグリーンがおすすめ

鉢植え
観葉植物の中には枯れにくくて育てやすいものがたくさんあります。

しかし中には忙しいなどの理由があって、どうしても植物が育てられない場合もありますよね。
そんな方にはフェイクグリーンがおすすめです!

40代女性
40代女性

フェイクグリーンって造花ですよね?偽物っぽくないですか?

管理人
管理人

確かに、以前は明らかに作り物とわかるフェイクグリーンが多数でした。
最近は本物に見間違えるようなものも販売されているんですよ。

フェイクグリーンの中には、太陽や照明のエネルギーで有機物や匂いを分解する効果のある「光媒体」のものも販売されています。

グリーンのある暮らしを楽しもう

 

窓辺にグリーン
グリーンはおしゃれなインテリア作りに欠かせないもの。
どんなインテリアにも合うのもいいところですよね。

インテリアとしてだけではなく、毎日の暮らしに癒しを与えてくれる存在でもあります。

観葉植物に必要なのは、日光・水やり・風通しのよさ!
お気に入りの観葉植物を手に入れたら、その植物に合った手入れをして大切に育てましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました