ハーブティーで身体を整えよう!人気の種類と効果をご紹介

ハーブティー 美容・健康

家でくつろいだり、テレワークをしたりするときなどは、じぶんの好きな飲み物を飲みたいですよね。

コーヒーが好きな方や紅茶が好きな方、いろいろな方がいらっしゃるかと思います。
なかには、毎日同じ飲み物ばかりで飽きている方もいるでしょう。

そんな方は、ハーブティーに試してみませんか?

40代女性
40代女性

ハーブティーって種類がいろいろあって、何を買えばいいのかわからないんです。

管理人
管理人

たしかに飲みやすさにも差がありますし、何を買えばいいか迷いますよね。
ハーブの種類によって効果もいろいろあるんですよ。

40代女性
40代女性

そうなんですね。
せっかくなら、じぶんに合うハーブティーを飲みたいな。

管理人
管理人

では、今回はハーブティーの種類や効能についてご説明しますね!

ハーブティーとは

ハーブティー
ハーブティとは自然界に生息する、薬草や香草のことです。
古来より西洋では漢方として使われており、それぞれのハーブにさまざまな効能があります。

ハーブティーはそれらの薬草を乾燥してお茶にしたもの。
ただし、家庭でハーブを栽培し、生のまま抽出して飲むこともあります。

種類によって、さまざまな味や香りが楽しめるんですよ。

ノンカフェインのものが多いですが、なかにはカフェイン入りのものもあります。

古来は薬用として活用されていたハーブティー。
現在は健康的な飲み物として多くの人に親しまれています。

人気のあるハーブティーをご紹介

管理人
管理人

ここでは、人気の高いハーブティーをご紹介します。
聞いたことがあるものも多いかも?

ペパーミント

ペパーミント
日本人に馴染みのあるミント。
メントールの爽快感が気分をすっきりさせてくれます。

強い爽快感が特徴ですが、味に刺激があるわけではなく、飲みやすいハーブティーです。

沈静効果、抗菌効果、デトックス作用、乗り物酔い防止など、多くの効果があるといわれています。

カモミール

カモミールティ
カモミールには腹痛や胃けいれんなどを和らげる働きがあるといわれています。
消化機能が不調なときに試してみるとよいでしょう。

独特な香りがありますが、それがリラックスを促し、快眠にも効果的。

リンゴに似た香りのため、日本人の口に合いやすいハーブティーです。
ただし、カモミールはキク科の植物のため、アレルギーの方は注意してください。

ローズヒップ

ローズヒップ
ローズヒップにはビタミン類が多く含まれており、美肌効果が期待できます。
また、カルシウムやポリフェノールも多く含まれているんですよ。
サプリなども販売されているので、名前は聞いたことがあるかもしれませんね。

独特な酸味があり、酸っぱく感じるので、はちみつや砂糖を入れて飲むと飲みやすいでしょう。

ルイボス

ルイボスティー
ルイボスティーはお茶に近い味がするので、ハーブティーの味が苦手な人にもおすすめです。

便秘の改善作用があり、胃腸が不調なときにも飲みたいハーブティーです。

ラベンダー

ラベンダー
日本人に馴染み深いラベンダーの香り。
飲むときにラベンダーの香りが広がるのがうれしいですね。

ラベンダーの香りにはリラックス効果があるといるので、不眠に悩んでいる人は試してみてはいかがでしょうか。

ラベンダーにはタンニンという成分が含まれており、妊娠中は貧血になりやすくなるので飲まないほうがよいでしょう。

レモングラス

レモングラス
レモングラスはじつはレモンではなくイネ科の植物。
レモンの香りの成分である「シトラール」が含まれているため、レモンの香りがするんですよ。

料理や虫除けスプレーにも使われています。

レモンの香りが爽やかで、すっきりするのが魅力です。

ジンジャー

ジンジャーの花
ジンジャーとは生姜のこと。
日本でも生姜は風邪のときに飲むとよいとされていますよね。
身体を温める効果があり、血行促進や食欲増進の効果もあるそう。

生姜ならではのピリ辛が強くあり、生姜の香りも強い飲み物です。

ハーブティーの効果は?

ハーブティーの効果は以下の通りです。

・自律神経を整える
・不眠を改善する
・冷え性を改善する
・肌の調子をよくする
・消化促進
・免疫力を高める
・疲労回復
・リラックス効果
など

ハート

【効果別】
・リラックス・・・ラベンダー、ハイビスカス
・自律神経を整える・・・カモミール
・過食を抑える・・・レモングラス、ペパーミント、ジンジャー
・快眠・・・カモミール、ラベンダー
など

ハーブティーをうまく活用しよう

ハーブティー
ハーブティーはもともと漢方薬として飲まれていた歴史があり、身体によい効果がたくさんあるといわれています。

しかし漢方として飲まれていた=摂取するには注意が必要ということでもあります。
医薬品と一緒に飲んだり、妊娠中に飲んだりする際は気をつけましょう。
パッケージを確認し、医師に相談すると安心です。

ハーブティーの効果は魅力的ですが、飲み慣れていない人には味が合わない場合も。
まずは少量でお試ししながら、じぶんに合うハーブティーを見つけるとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました