40代女性は疲れやすい?原因や改善方法を解説

両手をあげた後ろ姿 美容・健康
40代女性
40代女性

40代になってから疲れが取れにくくなっちゃって……。

管理人
管理人

そういう人は案外多いのですよ。
いろいろな原因によって40代になると疲れやすくなります。
少しでも改善されるように、できることからやってみませんか?

40代女性が疲れやすいのはなぜ?疲れの種類は?

WHY?
40代になると「慢性的に疲れている」と「疲れを感じることが多い」という人が全体の8割にものぼります。

疲れには身体の疲れと心の疲れがあり、どの年代も両方の疲れがありますが、40代の場合は身体の疲れをより強く感じています。
(参照:大正製薬商品情報サイト

身体の疲れ

横になる女性
男性と女性では疲れ方の比率が変わってきます。

40代女性は「睡眠不足」で疲れる人が最も多く、そのあとに「運動不足」「家事」「労働」が続きます。
(参照:大正製薬商品情報サイト

40代女性といえば、子育て世代でも働きに出る人が増える世代。
家事・育児・労働の3つでクタクタになる人や、正社員で責任ある仕事を任せられる人など、さまざまな理由で疲労しているでしょう。
また、親の介護が始まる人もいます。

疲労が蓄積されると、身体のだるさや肩こりなど、慢性的な不調を感じやすくなります。

心の疲れ

泣く女性
女性は男性に比べて、環境の差が出やすい傾向にあります。
若いころは似たようなことで悩んでいた人たちも、40代になると悩みの種類はさまざま。

独身の人、既婚の人、子育て中の人、正社員の人、専業主婦の人、介護中の人、元気な人、病気の人……。

さまざまな環境の人がいるため、悩みも一人ひとり違っており、解決するのが複雑になりがち。
中には解決できずに諦めなくてはいけないこともたくさんあります。

じぶんに対する悩み、他人に対する悩み、頭でわかっていてもどうすることもできない悩み。
悩みが積み重なると、どんどん心が疲れてしまうでしょう。

更年期の影響

更年期とは、閉経の前後5年の時期を指します。
一般的には45〜55歳くらいの時期の人が多いですが、人によって早い人も遅い人もいます。

更年期の症状は人それぞれで、つらい症状が出る人もいれば、ほとんど気づかないレベルの人も。

更年期の主な症状は以下の通りです。

・肩こり
・疲れやすい
・頭痛
・のぼせ、ほてり、発汗
・腹痛、腰痛
・不眠
・イライラ
・動悸、息切れ
・うつ状態、不安
・めまい

(参照:エンジョイエイジング 更年期のさまざまな症状

※更年期障害に似た重篤な病気もあるので、更年期障害だと安易に判断せず、病院での受診をおすすめします。

40代の疲れを改善するには

睡眠

十分な睡眠をとる

「若いころはいくらでも眠れたのに、最近たくさん眠れなくなってきた」と実感し始めた人もいるのではないでしょうか。

朝から晩まで過剰に仕事をしていて睡眠不足になることもありますし、悩みごとがあってなかなか寝付けないことも。

若いころは多少無理しても平気だったかもしれませんが、 40代になると睡眠不足が疲労に繋がります。

眠っている途中に覚醒してしまう場合なども注意が必要。
なかなか改善しない場合は病院を受診しましょう。

十分な運動をする

ストレッチ
大人になると、趣味がスポーツの人以外はあまり運動をしなくなります。
子どものころの体育の授業は、じつはかなりの運動になっていたんですよ。

忙しい毎日で運動をする時間が取れなかったり、もともと運動が苦手だったりする場合は、時間があるときに軽くストレッチをするのがおすすめ。

入浴後や睡眠前にストレッチをする習慣をつけるのもよいですね。

ゆったりと入浴をする

バスルーム
睡眠の1〜2時間ほど前にゆっくりと入浴するのをおすすめします。

入浴中はボーッと過ごすのもよし、読書をするのもよし、音楽を聴くのもよし!
好きなことをしてのんびり過ごしたいですね。

お風呂では38〜40℃の湯船にゆっくり浸かるとよいでしょう。
ただし、季節によって体感温度に差があるので、じぶんに合う温度設定にしてくださいね。

ストレス解消をする

人によってストレス解消の方法は違います。

人と会話することが好きな人、カラオケで歌うのが好きな人、のんびり読書をするのが好きな人……。
じぶんの好きなことでストレス解消をするとよいですね。

人に話してストレス発散する人は、やりすぎて人の迷惑にならないように気をつけましょう。

辛さをうまく吐き出せない人は、ノートに書き込んだり、じぶんを甘やかしたりして発散するのもおすすめです。

足りないものを補う

サプリ
更年期障害など、ホルモンバランスの崩れから体調を崩している場合は、サプリなどで足りないものを補ってみましょう。

何を選べばよいかわからない場合は、薬局で薬剤師さんに相談してもよいですね。
また、婦人科などで相談に乗ってもらうと安心できるでしょう。

ライフスタイルを見直す

体調が悪くても、それがいつものことになると無理をしてしまう人がたくさんいます。

「いつものことだから大丈夫。」と我慢するのではなく、身体を労れるような生活習慣を送るのも大切です。

ライフスタイルは変わっていきます。
それはもう仕方のないことだと割り切って、これからのじぶんに合う暮らしを探していきましょう。

病院で検査する

何をしても体調が悪かったり疲れがとれなかったりするときは、迷わず病院を受診してください。
大きな病気が隠れている可能性もあります。

また、病院を受診して処方してもらうことで、あっさり体調不良が改善することもあります。

身体と心を労って心地よい40代を過ごそう

両手をあげた後ろ姿
最近の40代女性は見た目も考えも若い人が増えています。

周りはもちろん、じぶんもいつまでも若いと感じるでしょう。
しかし身体は少しずつ変化しており、若いころとはどんどん変わっていきます。

今、無理をするのではなく、じぶんの身体と心を大切にすることで、今後の生活がよりよいものに変わっていくともいえます。

じぶんに厳しくするのではなく、ときには身体と心を労ってあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました