ミニマリストの生活に憧れる40代女性に贈る「ミニマリストになる方法」

シンプルなリビング 暮らし
40代女性
40代女性

ミニマリストという言葉はいつから使われているの?

管理人
管理人

2015年の新語・流行語大賞の候補になっているので、
このころから話題になっていたようです。

ミニマリストという言葉が世の中に出てきてから、もう5年以上が経ちます。

一時は猫も杓子もミニマリスト!と騒いでいましたが、最近では落ち着いており、ミニマリストという言葉が定番の言葉になっています。

だれもがミニマリストになれるわけではないため、爆発的に流行しなかったのが廃れずに定番化した理由かもしれません。

40代女性
40代女性

ミニマリストの生活って憧れちゃう!
でもどうしたらミニマリストになれるのかな。
断捨離したらミニマリスト?

 

管理人
管理人

いいえ。断捨離とミニマリストは違います。
ミニマリストの特徴やなる方法をご紹介しますね!

ミニマリストの生活とは?断捨離とミニマリストの違い

ミニマリストはもともと「ミニマル(最小限」」と「イズム(主義)」という言葉の造語です。
必要最低限のモノの中で暮らすこと、つまり過不足ない生活をすることです。

ただし、モノを増やさずに生活することがミニマリストではありません。
じぶんにとって必要なモノは暮らしに取り込んでもいいのです。

いらないものを捨てたり譲ったりする断捨離はミニマリストの生活の一部といえます。

じぶんにとって何が必要か、大切なモノはなんなのか、それをきちんと把握してモノを選んで暮らしてゆく。
それがミニマリストの生活です。

ミニマリストのメリットとデメリット

グリーン

メリット

ミニマリストのメリットは以下の通り。

・掃除がしやすくなる
・部屋がすっきりする
・無駄遣いが減る
・ゆとりが生まれる

掃除がしやすくなると、掃除の習慣がつく人も多いですね。
掃除が習慣づくと、ふだんからすっきりした部屋で暮らせますよね。
すっきりした部屋
すっきりした部屋で暮らしていると、なぜか心もすっきりします。

モノを買うときによく考えるので無駄遣いが減り、金銭的にもゆとりが生まれます。

デメリット

ミニマリストのデメリットは以下の通り。

・じぶん以外の人と住んでいる場合、その人のモノが気になる
・捨ててから後悔する可能性がある
・やりすぎると何もかも捨ててしまう人がいる

一人暮らしの人はいいのですが、家族と一緒に住んでいる場合は注意が必要。

ミニマリストになると片付けが好きになる人が多く、モノをたくさん持っている人にイライラしてしまうことも。

じぶんにとっては不要なモノでも、持ち主からしたら大切なモノのこともあります。
勝手にに処分をすると、人間関係に亀裂が入ってしまう可能性があるので要注意!

また、モノを捨てる行為は癖になりやすいです。
捨てることが気持ちよくなると、ついついやりすぎてしまいます。

必要なモノも捨ててしまい、あとで買い直さなければならないのでは本末転倒です。

ミニマリストになるため方法

シンプルなリビング

長く使えるモノを選ぶ

安いモノにすぐ飛びつくのではなく、じぶんの納得できる値段で、長く使えるモノを買うようにしましょう。
妥協して買ったものはすぐに飽きてしまうし、長く使いたくなくなります。

「ちょっと高いかな……。」と思っても、それを10年20年使い続けるならコスパがいい可能性も。
ただし、どうしてもほしいからと無理して買うのはおすすめしません。

一つ買ったら一つ捨てる

ハンガーラック
モノを増やさないためにミニマリスト初心者でもできる行動。
それは、一つ買ったら一つ捨てることです。

新しい服を買っても、以前からある服を「まだ使えるし……。」と、とりあえず取っておくことがあります。
もちろん、じぶんに必要な枚数は残すべきですが、毛玉になっていたり汚れていたりするものは捨てましょう。

高かったモノ、まだ綺麗なモノを捨てるのは忍びないですが、思い出深いモノだけを残して処分するとすっきりしますよ。

いらないモノをもらわない

紙袋
他人がモノをくれると、うれしくなってしまう人は多いものです。

その人の好意がうれしかったり、得した気分になったりと、状況によってうれしい理由はさまざま。

消耗品だったり、じぶんが心からうれしいものだったりすればいいのですが、じぶんが使わないモノをもらうのは問題。

使わずに置いておくと、どんどん住まいを侵食します。

どうしても受け取らないといけない相手の場合は、思い切って処分してしまいましょう。

管理人
管理人

わたしもモノをもらって溜め込んでいたときがありました。
気づいたら10年以上使っていないモノが押し入れからどんどん出てきて……。
それ以来、いらないモノはなるべくもらわないようになりました。

不要なものは処分する

使わないモノや不要なモノがある場合は、捨てるか売るといいでしょう。

「高かったのにもったいない!」と思うかもしれませんが、使わなければ不要なモノです。
もちろん、明確な使う予定がある場合は捨てなくても構いません。

まだ綺麗で売れそうなものなら、買取をしてくれるリユース店やフリマアプリで売るとよいでしょう。

レンタルする

以前はレンタル用品はそこまで多くありませんでした。
しかし現在はかなりのアイテムのレンタルができるんですよ。

【レンタルできるモノ一覧】

・CD・DVD
・自動車
・ウォーターサーバー
・カメラ
・家電
・家具
・洋服
・バッグ
・アウトドア用品

など

ミニマリストのものの選び方

キッチングッズ

管理人
管理人

ここではミニマリストがモノを選ぶときのポイントをご紹介します♩

複数の役割があるモノを選ぶ

一つで二役も三役もあるモノを選ぶのがおすすめです。
一つの役割しかないモノを買うと、物理的にモノが増えますよね。

たとえば、バルミューダというトースター。
トースターにしては高価な金額ですが、オーブン料理にも対応しているんですよ。
パン以外にの料理にも使えるのはポイントが高いですね!

長く使えるものを選ぶ

丈夫で長く使えるものを選ぶのも鉄則!
すぐに壊れて使えなくなるモノばかり買っていると、何度も買い換えなければならないですよね。
壊れたモノを処分する労力も必要になります。

長く使えるモノを選んで、「十分使い切った!ありがとう。」という気持ちでモノとお別れできるのが理想です。

飽きがこないデザインを選ぶ

生きていると流行がどんどん変わっていきます。
流行を取り入れるなら、長く使わないモノにしましょう。

流行を基準にして長く使えるモノを選ぶと、時間が経ったときに色褪せて見えてしまいます。
そうなると、もう大切に使えなくなりますよね。

なるべくシンプルで、じぶんにとって飽きないであろうデザインを選ぶのがおすすめ。

ときめくものを選ぶ

マグカップ
ミニマリストはじぶんに必要なモノを大切に使う人のこと。
むやみやたらにモノは増やしませんが、じぶんがときめいて大切に使えるモノを選ぶのは大切です。

見た瞬間に「かわいい!」と衝動買いをするときめきではなくて、毎日使い続けて愛着が湧くようなときめきを重要視するといいでしょう。

ミニマリストとはじぶんらしく生きること

黄色い花
ミニマリストになるための方法や、ミニマリストのモノの選び方についてご紹介しました。

いろいろご紹介しましたが、結局のところ、「じぶんを知り、じぶんの好きなモノを手に入れ、それを大切にする」が基本ではないでしょうか。

若い頃はかわいいモノにすぐ飛びついたり、流行に夢中になったりしていたかもしれません。
それはそれで楽しくて大切な時間でした。

しかし40代になると、じぶんのことが昔よりずっとわかってきます。
じぶんの好きなこと、じぶんの理想の生活、じぶんの生き方など。

それらを踏まえたうえで、じぶんなりのミニマリストの生活を見つけるのが、じつは1番大切なことといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました